白形傳四郎商店

ゲストさん、いらっしゃいませ。

 
通販専用フリー ダイヤルTEL.0120-17-104
 
  当店について お茶のご購入 傳ちゃんについて お茶知識・お便り定期便 お見本茶&メルマガ お問い合わせ

ログイン/会員登録


商品カテゴリー


<<前のページへ 健康お茶料理TOP 次のページへ>>

茶葉が綺麗なので棄ててしまうのは、
もったいない。
茶葉はもちろん、
香ばしい玄米も
ご飯と一緒にいただきましょう。

【材料/約20個分】

炊きたてのご飯…米2カップ分 (約800g)
A 合わせ酢 酢 1/4カップ  
塩…小さじ2
砂糖…大さじ2
濃福 抹茶入玄米茶…大さじ3
お湯

いなりずし用油揚げ…10枚   
B 水…1/2カップ   
砂糖…1/2カップ  
醤油…大さじ3   
みりん…大さじ1   
塩…少々
栗の甘露煮…5個

 
【作り方】
1. 炊きたてのごはんにAの合わせ酢を加え、切るように混ぜてすしご飯を作る。
2. 玄米茶はお湯を注いで一煎から三煎出しして、急須に残った玄米茶葉の水気を切っておく。
3. 人肌に冷ましたすしご飯に、2の玄米茶葉を混ぜる
4. 稲荷すし用の油揚げを横2つに切って、たっぷりのお湯でひと煮立ちさせて、油抜きして水気を絞る。鍋に調味料Bを煮立て、油揚げを加え落しぶたをしてコトコトと焚き、そのまま煮汁につけて味を含ませる。
5. 汁気を軽く絞った4に、軽く握った玄米茶入りの寿司飯、4つに切った栗の甘露煮をひとつ詰め握る。

Copyright ©Shirakata Denshiro Shoten Inc.